ダイエット外来に通うなら

適用されない場合もある

お腹

今よりももっと痩せるためにダイエットをしているという人は少なくありませんが、誰もがダイエットに成功するというわけではありません。
医者から肥満だと言われてダイエットを始めたものの、どうしても長続きせずに痩せることが出来ないということも珍しくはありません。
そんな痩せなくてはいけないのに痩せることが出来ない人が通うのがダイエット外来です。
薬や医者の指導によって自分の力だけでは肥満を解消することが出来ない人が通う場所であり、興味があるという人も少なくないでしょう。
しかし、そこで気になるのがダイエット外来に通う場合に保険が適用されるかどうかということです。
保険が適用されないとどうしても費用がかかってしまうため、誰もが気軽に通うことが出来なくなってしまいます。
ダイエット外来はエステなどに通うのとは違って治療になるため、誰もが必ずしも保険を適用出来るというわけではありません。
肥満によって医者から治療が必要だと判断された場合に保険が適用されることが多くなっています。
高度な肥満と診断された場合や、高血圧や糖尿病など肥満による健康被害によって治療が必要とされた場合には保険が適用されます。
また、同じように肥満による睡眠時無呼吸症候群などの症状がある場合には治療が必要となるのでダイエット外来に通っても保険が適用されます。
ダイエット外来での指導や薬による治療には保険が適用されますが、脂肪吸引や脂肪溶解注射などは保険が適用されないので注意が必要です。

太ってしまう生活に注意

病院内

日本人の場合、男性は30歳から肥満度を示すBMI値の値が高い人が増えてきます。
女性は更年期を迎える時期に肥満度が高くなってきます。
20代では痩せていた男女も、この時期を迎えると太ってしまう傾向があるので要注意です。
さらに女性は年齢を重ねるごとに肥満度が高くなります。
男性は40歳代をピークに肥満度が高い人は減少していきますが、女性の場合は60歳、70歳以上も増え続けています。
太る人の特徴として、ストレスで食べてしまう点があります。
お腹が空いていなくてもストレスで食べるので太ります。
他にも胃下垂であったり、悪玉菌が多かったりなどの原因があります。
必要以上に食べてしまう要因があり、本当は必要としていなくても空腹感を強く感じてしまいます。
これが習慣化するともっと悪化してしまいます。
この悪習慣を断ち切るためにも、健康的な食生活と正しいストレス解消を治療として施していく必要があります。
更年期に太る人が多いことからもわかるように、ホルモンバランスの乱れも肥満につながります。
食欲が異常になったり、基礎代謝が悪くなったりと太るような身体に変化していきます。
体調の悪化から身体を動かさなくなったり、体内の循環が悪くなり毒素がたまっていったりします。
ホルモンバランスの乱れは病院で出される治療薬でも整えることができます。
更年期障害を放置せずに病院で診てきちんと治療しておきましょう。
肥満になりやすい人がやりがちなのが、夜の寝る前に食べるという習慣です。
寝ているときは起きているときと違いカロリーが消費されにくいです。
食べたものが脂肪にそのままつながってしまいます。
はじめの治療方法として、まずその悪習慣を絶つことが大事です。

痩せ方が違う

聴診器

エステで受ける肥満対策はクリニックでの治療とは異なり、マッサージを行うことによりむくみをとったり脂肪を押し流したりします。
機械を使ってリンパの流れをよくしたりもして、気になる部分を集中的に痩せさせることができます。
最近のエステでは食事のアドバイスをしてくれたりするところもあります。
そして、サプリメントを必要に応じて購入することもできます。
短期間で痩せたい、部分的に痩せたい、痩せてはいるがもっと痩せてスタイルが良くなりたいという人が通うのがエステです。
よって、肥満による病気の予防という意味で治療するのとは異なります。
ジムで肥満を改善したいという場合は、マッサージではなく自分で体重を減らしていきます。
筋肉を適度につけることで、基礎代謝を上げて痩せる体質へと近づけます。
体脂肪率を健康状態にまでもっていくため、トレーニングをします。
運動療法による治療を具体的にする形です。
これもエステと同様、食事の指導をしてくれるところが多いです。
ただ、同じ食事指導でも筋力をつけるための食事を推奨される場合があります。
スポーツをしない人でも、代謝率がアップするようにしてくれます。
ジムにしてもエステにしても、短期間で具体的に成果をあげることを目的としていることが多いです。
希望すれば長期間のトレーニングやマッサージで徐々に痩せていくこともできます。
肥満の治療目的で利用する場合、いつまでにどのくらい痩せたいのか最初にプランを立てて続けていくようにします。