腫瘍や転移を診断する検査

様々な検査で判断

看護師

骨肉腫の検査には様々な方法があり、複数の検査を併用して診断をしていきます。
骨肉腫は骨に悪性腫瘍ができる病気なので、レントゲン撮影をして骨の状態を診るのが主な検査になります。
骨肉腫を発症している場合、膝や肩の関節に近い部分の骨が虫に食べられたように壊されていたり、いびつな形の骨が出来ています。
骨肉腫は最初は腫瘍が骨の中だけに留まっていますが、進行していくにつれて腫瘍が骨の外側にまで浸潤して大きな塊を作ります。
しかし、この外側に浸潤した部分はレントゲンでの判断がしにくいため、CTやMRIなどでその広がりを検査します。
CTでは内臓やリンパ節に転移があるかどうかを検査することができ、別の骨への転移は放骨シンチグラフィーという検査が行われます。
骨肉腫になると血液中に、アルカリフォスファターゼと呼ばれる骨を作る酵素の値が上昇する傾向があるため、血液検査も同時に行われます。
骨肉腫の治療のために手術をした場合には、確定診断を行うために病理検査をします。
手術によって採取した腫瘍の一部分の組織を顕微鏡で診断します。
病理検査を行うことによって、細胞レベルでの正確な診断を行うことができます。
骨肉腫は診断や治療が難しい病気です。
これらの検査は高度な治療設備や専門知識を持った医療従事者が揃っている専門の医療機関で行われることがほとんどです。
どのような検査、治療を行うかを主治医とよく相談して決定していきましょう。

転移しやすいガン

ドクター

早期発見することで多くの場合は治療することが出来るようになってきたガンですが、中には注意すべきガンもあります。
ガンは体の多くの場所で出来てしまいますが、骨の中に出来るのが骨肉腫と呼ばれているものです。
骨に出来るガンの中でももっとも多いとされているのが骨肉腫であり、進行スピードが早く転移しやすいガンであるために注意しなければいけないガンとなっています。
特に若い人の場合には進行スピードが早いために早期に発見して治療することが重要です。
骨肉腫の初期の段階では痛みを伴うこともありますが、筋肉痛などに間違われてしまうことも少なくありません。
強い痛みではなく運動した後に痛むことが多いため、そのまま放置されてしまうことが多いのです。
症状が進んでくると患部が腫れたり熱を持ったりするようになります。
進行が早い骨肉腫の中にはわずか一ヶ月程度で大きさが倍になったりすることもあり、他の部位へ転移することも多くなっています。
他の部位への転移がみとめられず、悪性度が低い場合はステージ1に分類され、早めに治療することで十分完治も可能となっています。
骨の中だけにとどまらず、外側にも主要が広がっている場合はステージ2に分類されますが、この時点では悪性度は高くとも他の部位への転移はみとめられません。
更に進行するとステージ3に分類され、肺やリンパへの転移がみられるようになります。
ステージが進んでしまうと治療が難しくなったり四肢の切断が必要になってしまったりするので、早期の発見と治療が大切です。

治療方法として

考える人

骨肉腫という病気があります。
その名のとおり、骨にできる悪性腫瘍です。
患者の半数は10代であり、20代前半まで含めると3分の2になります。
年配者でも発症しますが、子どもから若者まで、特に活発に運動する年代になりやすい病気です。
原因が何であるかは明確にわかっていません。
主に膝関節か、肩関節の近くから発生します。
痛みは当然ありますが、最初はそれほどひどいものではありません。
そのため筋肉痛のように思われて、痛みがひどくなるころには進行していることもあります。
当初は軽い痛みであっても痛みがひかず、だんだん痛みが増してくるようであれば、まず整形外科を受診しましょう。
昔は骨肉腫と言えば、手や足を切断することが当然でした。
けれど現代は化学療法が進み、手や足を残したまま骨肉腫だけを切除する手術も増え、骨肉腫=切断ではなくなっています。
もちろん化学療法が効かなかった場合や、病状が進行している場合は切断ということもありますが、3分の2以上の患者が治る癌になっています。
整形外科を受診すると、まずレントゲン撮影が行われます。
骨肉腫の疑いがもたれると、専門医を紹介されることになります。
より詳しい画像のためのMRI検査や、骨シンチグラフィーの検査を行ないます。
これは骨肉腫の進行度合いなどがわかるため、のちの治療のために必要な検査です。
その後病理検査を経て、その骨肉腫にあった化学治療が始まります。
骨肉腫を放置していると、やがて肺に転移します。
骨肉腫にもいろいろな種類があり、いろいろな治療があります。
怖いから病院へ行きたくないではなく、怖いからさっさと診断を受けて治療にとりかかるべき病気です。